腎臓内科の医師の募集時期は?

腎臓内科求人TOP >> FAQ >> 腎臓内科の医師の募集時期は?

腎臓内科の医師の募集時期は?

腎臓内科の医師の転職動向をみると高めで、それは腎臓内科が扱う分野のひとつとなる人工透析を必要とされる患者が年々増加しているからです。その影響があって、腎臓内科の医師に対するニーズが高まっており、総合病院から透析専門クリニックなど多岐にわたる施設の求人がみられる傾向にあります。また、単に常勤医師の求人だけなくて、非常勤医師の求人も比較的多くみられると言った状況にあります。

このような現状にあるので、ある一面で考えると腎臓内科の医師の募集時期は、通年同じような状況でたくさんあると考えられます。しかし、実際には腎臓内科の医師に限ったことではありませんが、ニーズが高くなる時期とそうでない時期があるもので、3月と10月が転職のシーズンになっているのです。なぜ3月と10月なのかと言うと、その時期に正式な異動の辞令が病院側から伝えられたり、医師の退職時期などが重なったりするためです。それによる医師の不足を補充するために、この時期は求人数が他の月よりも増えるのです。様々な理由や考えから転職を希望している医師にとっては、求人数が増えるこの時期ならたくさんの情報を比較検討して自分が希望する条件に近い転職先を探すこともできます。腎臓内科の医師の募集時期として良い状況にあるのは、3月と10月というのをひとつの参考として知っておくと役立ちます。

このように求人数が多くなる時期もあれば、その一方で求人数が少なくなる月として考えられるのが6月と12月です。その理由は、人事異動が医局で多くなるのが6月で転職を検討する医師が少ないからです。12月は年末年始ということで病院としても何かと忙しい時期になるので、採用を控えると言ったことが影響しています。この求人数が少なくなる月についても知っておくと参考になります。

ただ、医師として現場に携わっている立場では、転職を考えたからといって簡単に転職ができる状況ではありません。特にどこの医療機関でも最低限の医師数で業務をしている状況ですから、一人の欠員が診療科の運営に大きな支障を起こすことも少なくないのです。その為、転職したいという自分の考えだけでは、単純に決断できないこともあるので、ある程度余裕を持った転職を検討することも必要です。それは、転職する医師にとっても心にも余裕をもった転職活動ができるメリットになりますし、退職する病院にとっても後任を募集するなどの対策も可能になるメリットがあります。このようなことも考えながら、腎臓内科の医師の募集時期と兼ね合わせて転職を検討すると良いです。

腎臓内科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <腎臓内科>医師募集ガイド All Rights Reserved.