腎臓内科の医師は不足している?

腎臓内科求人TOP >> FAQ >> 腎臓内科の医師は不足している?

腎臓内科の医師は不足している?

腎臓内科は、腎臓に関係する疾患全般の診療にあたると共に、血液透析など腎臓内科の領域が専門となっています。この腎臓内科診療にかかる慢性腎炎・ネフローゼ症候群・慢性腎不全・糖尿病や膠原病などに伴う腎疾患の患者が、近年急速に増加傾向にあります。ちなみに日本の慢性腎不全患者数は、成人の8人に1人の割合となる約1,300万人に達していますし、透析治療を受ける患者は約30万人以上で、しかも毎年約4万人程度の新たな患者が増えているのです。近年の高齢化社会の進行に伴って、このように腎疾患患者全体が増加傾向にあるのです。

このような現状を少しでも改善するために、腎臓内科医による腎疾患の早期発見・早期治療につながる腎臓病検査や重要性の啓蒙は、とても重要な役割を担っています。また、できる限り透析治療を回避するために、適切な薬物療法・食事療法・生活指導を慢性腎不全患者に対して行うことも腎臓内科医の大事な役割です。この為に総合病院や地域中核病院をはじめとする医療機関だけではなく、検査クリニックや透析専門クリニック、また老人医療施設や療養型病院など、様々な医療機関から腎臓内科医の求人が多く出されています。このことは腎臓内科の医師が不足している状況にあるということで、腎臓内科専門医のニーズが全国的に高まっているということです。

実は腎臓内科の必要医師数と現医師数をみてみると、全国の約半数に近い都道府県で腎臓内科の医師が不足していて、他の診療科と比較しても全国的に求人需要が高いといえるのです。特に山形県・島根県・愛媛県などは、常勤・非常勤ともに必要な医師数の確保ができておらず、腎臓内科の医師不足が深刻な状況にあるのです。

こうした医師不足の現状にある反面で、先に触れた通り患者数が増加していくことが予想されているので、今後はますます腎臓内科医の医師不足が深刻になると考えられます。治療を必要とする患者や医師を必要とする様々な医療機関・施設にとっては、このような現状にあることは大きな問題となります。しかし、転職を考える腎臓内科医の立場からすると、一定の求人数が常に見込まれる現状にあって、しかもエリアや雇用条件なども含めて、自分の希望に適した勤務先を選択できる恵まれた環境にあると考えられます。腎臓内科医の求人募集については、常勤・非常勤に関係なく盛んに行われていて転職チャンスなので、現在勤務している職場に対して不満などを感じているのなら転職を検討してみるのも良いです。

腎臓内科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <腎臓内科>医師募集ガイド All Rights Reserved.