腎臓内科の医師は忙しい?

腎臓内科求人TOP >> FAQ >> 腎臓内科の医師は忙しい?

腎臓内科の医師は忙しい?

一般的に外科医の方が腎臓内科などを含む内科医よりも忙しいのではないかと考えられていますが、一概にそうとも言い切れないのです。手術などで神経と体力を使う外科医ですが、その後の業務が術後の経過観察だけだったらそれ程忙しい仕事ではありません。一方の内科医は、時間がかかってしまうような様々な検査を何個もしたり、手術ができない患者を診たりするので、一人ひとりの患者に対する手間が大きいのです。また、救急患者を頻繁に受け入れている病院では、内科医に対しても深夜の呼び出しがあって、何時間も処置対応に追われてしまうこともあるのです。その為に、勤務する病院や患者で違いはありますが、精神的にも体力的にも外科と同程度の消耗をすると考えられるので、外科だから内科だからといって忙しさが変わるわけではありません。

ただ内科も近年は、循環器内科・消化器内科・神経内科・腎臓内科など様々な診療科に細分化されています。その為、内科ということで全てをまとめて考えることは難しいものです。では内科の中でも最も忙しいと考えられるのはどの診療科でしょうか?これも勤務する病院や患者で違いがあるので一概には判断できることではないのですが、緊急検査などある循環器内科や消化器内科が特に忙しいと言われています。また神経内科や腎臓内科は、難病認定されている疾患を扱うことも多いことから、比較的過酷で忙しい診療科です。

最近では、小児科・産婦人科・外科の医師を希望する研修医が減って、成り手が減少していることが問題視されています。その背景には、緊急手術や夜間の急変などへの対応と言った過酷さや忙しさが影響していると考えられていますが、同様に内科を希望する研修医も徐々に減少傾向にあると言われているのです。しかし、過酷で忙しいと言われている腎臓内科に関しては、大学病院・総合病院・クリニック・透析専門クリニックなど様々な勤務先があって、勤務先によって忙しさに大きな違いがあります。近年は透析患者のニーズに応えて夜間透析を実施している医院も増えてきていますが、透析患者中心のクリニックであれば基本的に日勤ですし、残業も比較的少ないです。

このように勤務先の勤務形態や業務内容によっては、過酷さや忙しさを感じることなく勤務することも可能です。現在の職場の忙しさに耐えられなくて転職を考えているのなら、しっかりと転職先の勤務形態や業務内容などを事前に確認することが大事なポイントになります。

腎臓内科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <腎臓内科>医師募集ガイド All Rights Reserved.