腎臓内科の医師の60代の求人は?

腎臓内科求人TOP >> FAQ >> 腎臓内科の医師の60代の求人は?

腎臓内科の医師の60代の求人は?

ひと昔前なら60歳というと定年退職の年齢でしたが、最近では60歳で退職してしまう人は少なく、腎臓内科の医師もまだまだ現役という方も少なくないです。しかし30代や40代の時と同様に勤務することは難しいというのが正直なところです。その為に腎臓内科の医師の中には、60歳というのは少し働き方を考える年齢で、そうした意味からひとつの節目になる時と考える方もいます。では、60代の腎臓内科の医師としては、どのような場所でどのようにして働くことができるのでしょうか?

60代の腎臓内科医の働き方としては、常勤だけでなくて非常勤で勤務するといった方法もひとつの選択肢として考えられます。毎年透析治療を必要とする患者が増加すると言った傾向にあることから、病院や透析専門クリニックなどで透析管理ができる医師を求めるケースが多くなっています。特に、腎臓内科の医師が不足していることから、常勤だけではなく非常勤の求人も多くみられるので、ライフスタイルを考慮した勤務も可能です。例えば、透析専門クリニックの非常勤医師として週4日程度勤務して、その他の日は家族とのんびり過ごすというのも良いです。

60代の医師求人で近年増加傾向にあるのが介護老人保健施設で、一般内科医・消化器内科医・腎臓内科医・循環器内科医など内科系医師の募集が多く見られます。求人募集においてあまり年齢制限がかけられていませんし、週4日程度の勤務から募集している施設が多いために無理なく働くことができる内容になっているケースが多いです。主な勤務内容は入所者の健康管理や検診なので、今まで培ってきた知識や経験を活かすこともでき、60代の腎臓内科医の働き方のひとつとして考えられます。

患者や病気と向き合う現場的な勤務を希望するのであれば、療養病棟や緩和ケアで勤務するのもひとつの選択肢となります。療養病棟や緩和ケアは、対象になる患者や病気の幅が広範囲になることから、一般外科・消化器外科などの外科系求人、腎臓内科医を含む内科医系求人などいろいろとあります。主な業務内容としては病棟の管理や外来診療などの仕事ですが、求人内容によって異なるので当直の有無を含めて条件の確認や調整が必要になります。いずれにしても、このように60代の腎臓内科の医師を募集している医療機関や施設があるので、転職先を探すことは可能と考えられます。今後の働き方を考えるひとつの節目の時ですから、いろいろと考えて慎重に転職先を選ぶことが重要です。

腎臓内科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <腎臓内科>医師募集ガイド All Rights Reserved.