腎臓内科の医師の50代の求人は?

腎臓内科求人TOP >> FAQ >> 腎臓内科の医師の50代の求人は?

腎臓内科の医師の50代の求人は?

20代や30代の医師であれば、今の職場よりもやりがいのあるところを求めて転職するケースは考えられますし、スキルやキャリアを考えてレベルの高い環境を求めて転職することもあります。しかし50代の腎臓内科の医師が転職を考える理由は、そうした20代や30代の医師と違い、よほどの理由がなければ転職は考えないといえます。正直、50代という年齢から転職の見込みは不透明ですし、現在の職場と同様の収入や待遇が得られる転職先が見つけられる保障は一切ないのです。しかも場合によっては、現在まで培ってきたキャリアをなくしてしまう可能性も考えられるのですから、転職するには大きな理由があるといえるのです。

では、50代の腎臓内科の医師が転職を考える理由として何があるのかというと、まず考えられるのが思い切って独立するというケースです。勤務医ではある程度の定年がありますが、開業医になれば定年はなく自身が元気なうちは医師として仕事をすることは可能で、将来的なことを考えると開業医という選択もできるのです。一方、大学病院や総合病院など規模の大きな職場で腎臓内科の医師として勤務していると、ハードな環境で体力的にも精神的にも厳しい状態になることがあります。その為に、もう少しゆとりのある環境で働きたいとの考えから、転職を検討することもあるのです。

では実際問題として、腎臓内科の医師が50代で転職することは可能なのでしょうか?実は、一般内科や総合内科の医師のニーズは全国各地域で高く、特に人工透析患者が増加傾向にあることから、透析管理ができる医師のニーズが高くなっているのです。その為に腎臓内科の医師に関しては、病院から透析専門クリニックまで幅広い医療機関から求人が出されているのです。また、常勤だけではなくて非常勤の求人も多くみられるので、週に3日から4日程度の勤務というのも可能です。ちなみに、透析専門クリニックからの求人募集は、首都圏・地方に関係なく、たくさんの求人が出されている状況にあります。

腎臓内科の医師は経験がものをいう分野とも言えるので、今まで積み上げてきた知識や経験が大きな存在になります。その点を考えると求人募集によっては、好条件・高待遇の求人を探すことも可能ですし、50代であっても転職できる可能性は高いと言えます。ただ50代という年代は今後の人生を左右する岐路ですし、医師として今後活躍するための分かれ道にもなるので、転職先を選択する際は慎重に行うことが大事です。

腎臓内科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <腎臓内科>医師募集ガイド All Rights Reserved.