腎臓内科の医師の40代の求人は?

腎臓内科求人TOP >> FAQ >> 腎臓内科の医師の40代の求人は?

腎臓内科の医師の40代の求人は?

腎臓内科の医師としての専門知識や技術も向上し、病院勤務における実績も増えてくるのが40代で、それにより職場の中心となり責任を持てるようになります。また、人によっては指導医として、次世代を担う若手の育成を行う立場という方もいます。このような立場になってくると、自分自身の今後のキャリアアップなどを考えるようになってきますし、給料・待遇・福利厚生なども考え直す時期になります。その為、腎臓内科の医師にとって40代は、転職を意識する年代でもありチャンスでもあるのです。

実際、大学病院の医局に勤務する腎臓内科の医師の場合には、20代後半から30代後半で約300万円代から600万円代の年収で、ハードな仕事内容でありながら生活が楽ではないという医師も少なくないのです。また、昇格して講師になったとしても約700万円、助教授で約800万円、教授になって約1000万円の大台にようやく乗る状態と言われていて、その為に転職する腎臓内科の医師も多いのです。しかし腎臓内科の医師の勤務先は大学病院や総合病院だけでなく、クリニックや透析専門クリニックなど多岐にわたります。つまり転職することによって、年収をアップさせることや環境を変化させることも可能と考えられるのです。

高収入などの好条件や高待遇の転職先として考えられるのは、医師が不足していてニーズが高いところです。腎臓内科の医師に対するニーズが依然として高いのは、人工透析を必要とする患者の増加に伴って透析治療をしている病院やクリニックです。特に都市部においては人工透析専門クリニックの求人が多く、常勤だけでなく非常勤の求人も見られます。

40代の腎臓内科の医師求人はこのような状況にあるので、経験・スキル・体力が揃っている医師なら、どこの職場でも通用すると言えます。その為、医療機関側としても雇用したいと考える人材となるので、年収アップなどを含め現状より良い環境で勤務できる可能性は高いのです。同じ40代の腎臓内科の医師であっても職場や立場によって、収入や待遇など様々な面で違いがあるものです。現在の職場における自分の年収や立場などが、本当に満足できるものなのかを冷静に見極めてみることも必要で、それと共に今後何十年かの医師としての自身をシュミレーションしてみると良いです。その結果、現在の状況よりも良い収入や待遇を求めるのなら、転職を視野に入れていろいろと検討してみることも必要なことです。

腎臓内科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 <腎臓内科>医師募集ガイド All Rights Reserved.